薮から猫

英語勉強、生活、音楽などについて、薮から棒にまとめていきます。

ガラケーの製造を続けて欲しい。ガラケーの良さを語る。

      2018/11/02

スポンサードリンク

適度」という言葉がありますよね。
いい感じ、ちょうどいい案配、この言葉は色んな言い方に出来ると思うのですが、電話のテクノロジーの進歩に関しても、そんな「適度なポイント」が存在すると思います。

そして現段階から考えるに、、電話に関してのその「適度ポイント」は、「ガラバゴスケータイ時代」だったのではないか?と真面目に考えています。
進みすぎず、遅すぎず。

「ガラバゴスケータイ」というと何の事か分かりにくいですが、単純に、スマホの前に皆が使っていた携帯電話のこと。ガラケーとかっていう風にも呼ばれますよね。

これ…前(2010年前後まで主流だった)皆が使っていた携帯電話というのは、「日本で独自の進化を遂げた携帯電話」でしたから、海外へ持っていくと外国の友人からは、羨望の的だったんですよね。
え、なにそれ。超可愛い。日本の携帯電話ってマジ可愛いね」みたいな。(ちなみに海外の携帯電話は超ショボかった←失礼)

それを言われるといつも、

日本を褒めてくれて、さんきゅう!

と鼻高々でした。
しかし、日本独自の携帯電話がとうとうスマホに席巻されつつあり…
世界的なスタンダードになるのは別に良いんだけど。良いんだけれどもさ。

…回りくどいですが、何を言いたいのかというと。

ガラケー販売し続けて欲しいです。

ガラケーって素晴らしい。是非これからもガラケーの新機種を作り続けて、発売し続けて欲しいです。こればっかりは個人で作れないし。
技術屋さん(呼び方が古い)、まじで頼みます
もしくは、こういう需要を狙ったニッチビジネスをどなたか、されませんかね。
厳しいのかなあ。
<スポンサードリンク>

ガラケーとの思い出

ガラケーといえば。
赤外線通信でメアド交換してメール始めたりね。
っていうか、赤外線通信が出て来た時超画期的だと思ってむっちゃ感動しました。あれって本当、凄いですよね。
それで、1通1通丁寧にやりとりをするんですよね…。

着メロを人によって設定しておいて、その着メロが鳴ったら「うぉぉ、あの人からだ」ってびっくりしたりとかね。

ボタンでメール打つのめっちゃ早くなったりね。
そういえば、この「ボタン」って言葉も、今だいぶ死語化してきているような気が。使う時少なくなってきた。

画質悪くて画面も小さいのに、やたらケータイで写真撮ったりね。
待ち受けを変えたり着信時のランプの色を変えたりしてやたらとカスタマイズしたりね。

ガラケーとの思い出は語っても語りきれない。

スマホからの変遷

そんなガラケーに変わってスマホが普及し出した数年前、ガラケーからスマホへの変遷というのは…本当に驚きでした。変化に弱い自分としては、ものすごくショッキングな出来事。

えっ何コレ!一度スマホを手にして思った事は、「使いにくいな」でした。え。メールはどこよ、メールは。画像みるためのファイルはどこよ、ファイルは。みたいな感じ。

しかし、まさかこんなに早く世の中にスマホが浸透していくとは。
…まさかあんなに簡単に、ずっとお世話になってきたガラケーを捨てるとは…。

まあ、確かになれてしまえばスマホもイイんですけど…。一番スマホで便利なのが地図ではないでしょうか。
ここばっかりは、ガラケーも勝てないな~。今どこを歩いているかとか分かって、迷うことが格段に減った。もうあとは色んなアプリでパワーアップしていくから。その利便性。

でも…考えてみると、長所はやはり欠点でもあります。

「迷わない」ということはそれだけ「迷っちゃった~笑」という楽しみが減るということでもありますよね。
なんか色々、決まった時間に到着しすぎてつまんなーい。

そして、スマホになってから、物凄くスマホの前で過ごす時間が増えました。電車の中でもみーんなスマホいじっています。確かに、アプリを入れればゲームも何でも出来ますし楽しいしね。
でも、これはイコール、家族や周りの人間と過ごす時間が減るということでもありますよね。

なんかもう色々考えて、やっぱりね、もうガラケーでいいんじゃないの。と思う時が時々あります。
いや、スマホも好きな方が居るから、この言い方は正しくなかったです。

ガラケーでいいというよりは、

スマホもあっていいけど、ガラケーもあって良いじゃないの。

…ということで、ガラケーの良さを語ります。

ガラケーの良さ

⑴ 操作がシンプル。どんなアプリも必要ない。買ったその日からすぐに使える。

基本的なツール、電卓とかも入ってますし、カメラも使えるし、前設定に大した設定が必要ない!余分な機能は一切なし。シンプル。

⑵ 電話もメールもこれ一本

とにかく、やりやすい…。シンプルな機能性(2回目)。さらに、コミュニケーションが丁度良い感じで、相手との距離も丁度良い感じでとれる。

既読ついたのに返信がこない!(白目)

という悩みからも解放されます。
送ったけど返事がこない。それだけ。まぁいっか。るるる。

スマホだと、ちょっと相手との距離が近すぎる時があります。簡単にメッセージが送れるもんだからグループ設定されててめっちゃメッセージきてる!みたいなこととか…。
役立つ時もあるけど…うーん、一長一短。

⑶ セキュリティ

流出とか、ハッキング系の…セキュリティに関するリスクも少ない。
スマホになってからアンチウィルスのソフトとか何やらかんやら、面倒だよ~。
個人情報の塊ですからね。

そして、ガラケーの方が、電話で話す時のホールド感とか、しっくりくる。(こない?)

⑷ デザイン、絵文字とか可愛かった

ピンクだったりブルーだったり、携帯って、超可愛かったじゃないですか。
スマホは大体皆一緒です。でかい画面にタッチパネル。

それにあの、ケータイメールの絵文字も可愛かったです。動く絵文字?みたいのがありましたよね。
ああいうのも超可愛かったですけど。メールの1通1通に重みがあって、可愛らしかったですよね。そりゃあ、今でもスタンプとか色々ありますけど。
ありますけど。泣

⑸安い

やっぱりこれも大きいですよね。ネットワーク代高くなりすぎますでしょう、スマホ。今は格安スマホもあったりしますけれども。

⑹ 中毒にならない

スマホは、いろんなアプリが入っていて、便利すぎて中毒になりやすい。電車でもみんなずっと下を見てスマホ触ってますからね。

家族や周りの人との会話も減っちゃう。ガラケーは機能が少ないので、それほどでもないですよね。

結論:ガラケーの丁度良さ

やはり高性能になりすぎると便利になりすぎて、またそこから色んな問題が発生します。それが進化だと言ってしまえばそうなのかもしれませんが…
ガラケーくれらいの感じで、丁度良いのでは?あの辺りが適度ポイントでは?と思ってしまいますね。

検索には、タブレットかPC使えばいいですし。

もう一度言います。
ガラケーが好きです!作り続けて下さい!泣
良いところ、あぁ、沢山あるなあ。ただ、良いところ沢山あるんですが、あぁ、もっときちんと書きたい。

ただ、全国にまだまだ根強くいます、ガラケーファンは。絶対、スマホについてけてない人、沢山います。改めて考えてみると、

「暫く一緒に生きてるけど、私、彼(スマホ)のこと何も知らないかも…」

っていう人多いはずです。高性能すぎてね。もう、使いこなせない。

ということで、スマホとも、ガラケーとも、共に、生きていきたいです。

最後に

魅力を書き出してみたら、改めて、ガラケーの素晴らしさに気がつきます。
ガラケーとこれからも共に生きていけますよう願うばかりです。

少し前、ずっと昔に使っていたガラケーが出て来て、ぼろぼろだったんですけど電源が入ったので改めて入れてみました所、懐かしいものがわんさかあって、改めて10代の頃の…強さを思い知りました。

むっちゃ恥ずかしい内容のメール(誰にも送らない日記みたいな)があったりして。やっぱりteenagerは凄いわ。
こんなこと、今、こっぱずかしくてできんわ。これか!!いわゆる黒歴史というのは。

毎日使っていたものだけに、アルバムなんかよりも思い入れが深くて一気に色んな思い出がフラッシュバックしますね。

スマホも素晴らしいけど、ガラケーも素晴らしい。

 - 生活