薮から猫

英語勉強、生活、音楽などについて、薮から棒にまとめていきます。

夏の風物詩にまつわる英語の名言で英語学習

      2019/02/21

スポンサードリンク

夏の風物詩といえば、何でしょうか…。

色々あるとは思いますが、the beach(ビーチ)、fireworks(花火)、beer(ビール)、sunflower(ひまわり)…などなど。
それと、個人的にはに翻弄される夜を(引き続き)過ごしているので、mosquito(蚊)にまつわる名言(?)についても…。

夏の気分を盛り上げてくれる、夏っぽい単語にまつわる英語の名言をまとめて、英語を勉強してみました。

まずは、夏といえば海!ビーチにまつわる名言。(名言というよりは、海にまつわる「感想」に近いですが…)

まずはこちらから。

Summer means happy times and good sunshine. It means going to the beach, going to Disneyland, having fun.
― Brian Wilson
(アメリカのミュージシャン、The Beach Boysの元リーダー)

『夏とは、幸せと日光に満ちた時期。
ビーチに行って、ディズニーランドに行って、楽しむことさ。

いいですね~~。外に出て楽しみたいなぁ。

2文目goinghaving funの所では、動名詞が使われています。
直訳すると、「~すること」という意味になりますね。

そして、Have fun=「楽しむ」という表現。
これはすっごくよく会話で使える表現なので、セットでぜひぜひ覚えたいです。
did you have fun?(楽しかった?)とか、Have fun!(楽しんでね!)というように。すごく気軽に使われます。

ではでは、次もビーチにまつわる名言を。

スポンサードリンク

A simple life is good with me. I don’t need a whole lot. For me, a T-shirt, a pair of shorts, barefoot on a beach and I’m happy.
― Yanni(ギリシャ出身のピアニスト)

『僕にとっては、シンプルな人生は心地良いよ。沢山のものは必要ないんだ。
Tシャツ、半ズボンと、裸足で歩けるビーチがあれば、僕は幸せさ。

素敵な人生観~。いいですね。
確かに…半袖半ズボン、裸足でビーチを歩くって最高かも。

ここでは、“a whole lot”という表現が使われています。意味のニュアンスとしては「たっくさん!」「全部!」って感じでは。

「非常に」「かなり」っていうように、強調する意味もあります。
例えば、会話を考えてみると…↓

Is it enough? How much do I need?
これで十分かな?どれくらい必要?

You need a whole lot more.
もっと沢山必要だよ。

みたいな感じとか。
こういう表現があるということを覚えておくと、読解問題なんかでこの表現が出て来ても戸惑わなくて済みますね。

そして、“a pair of shorts”の、a pair of~は、主に「一組の」という意味があります。
2人1組を作って欲しい時なんかに、「ペアになって下さい」という風に言うし…微妙に日本語化されている単語ですから分かりやすいですよね。

a pair of shoesで、1足の(1組の)靴。
確かに靴なんかは2つで1組だから…大丈夫。理解できる。

ただ!!
shorts(半ズボン)は、”a pair of shorts”といっても「1着の半ズボン」を指すようです。これは注意が必要ですね!!
“a pair of”ときいたら、『ペア=2』という考えがある日本人の方は多いはず。
だから、a pair of shortsは2着の半ズボンかなって考えがちですが、違います。
半ズボン2着を指す時には、”two pairs of shorts”。
他にも、jeans(ジーンズ)、glasses(眼鏡)やscissors(はさみ)も同じように使われるようです。
だから、”a pair of jeans”で「1着の」ジーンズ。これは…例外的な表現なので、知っておいて困らないはず。

私は留学していた時、”a pair of shorts”を、何となく分かったフリして生活していました。
会話の中で、「なんでペアって言うのかなぁ。」という風に疑問に思っても、流していました。
そして、あんまり深く考えずに自分も”a pair of shorts”を使っていました。留学したらどんどん細かいことが気にならなくなったような気がします。(だから体重も増えたのですが…)

話を戻します。
次!
夏の風物詩、“fireworks”=「花火」についての言葉。

I always have the most fun on the Fourth of July. You don’t have to exchange any gifts. You just go to the beach and watch fireworks. It’s always fun.
― James Lafferty(アメリカの俳優)

『僕は7月4日が一番楽しい。プレゼントを交換する必要はないんだ。
ただビーチへ行って、花火を眺めるだけ。それだけでいつも楽しいよ。

この言葉の主は、アメリカのドラマ”One Tree Hill”に出演されていたアメリカの俳優さんです。

このドラマは見たことがないのですが、レビューの評価が高くて、評判の良いドラマのようですね〜。

ところで、「何で7月4日なんだ?」と思いませんか。

…これ、アメリカでは7月4日は、独立記念日で祝日なんですね。各地で打ち上げ花火など、様々なイベントが行われる日だそうです。

毎年、ビーチに行って花火を眺めることが最高に楽しいと。
夏を感じますね~~。花火眺めたいなぁ…。日本人的には、浴衣と花火。お祭り。いいなぁ。

では次。夏に美味しいビールについての名言!

Beer. Now there’s a temporary solution.
― Dan Castellaneta(アメリカの俳優)

『ビール。一時的な解決策。

敢えて短い言葉で訳してみました。

「ま、とりあえずビールを飲もう」っていう気持ちがよく表現されているなぁ…(笑)
ホント、『temporary=一時的な』解決策なんですよね。うん。
ビールっていうのはね。
それを分かっていてもやめられない…という方も多いですよね。きっと。

飲みすぎには気をつけてください!

では、次!
夏の花、「ひまわり」についての名言をみてみます。

I want to encourage women to embrace their own uniqueness. Because just like a rose is beautiful, so is a sunflower, so is a peony. I mean, all flowers are beautiful in their own way, and that’s like women too.
― Miranda Kerr(ミランダ・カー)

『全ての女性に、自分らしさを大切にしていくことを薦めたいわ。
バラが美しいように、ひまわりだって、ボタンだって美しいでしょう。
全ての花にそれぞれの美しさがある。女性もそうだと思うわ。

これは名言だなぁ。
それぞれの「美しさ」を大切にするべきだってことですね。(夏とはあまり関係がありませんが)

この言葉の主、ミランダ・カーは、オーストラリア出身のトップモデル。日本でもCMに出たりしてとても知名度が高く、人気のある有名な方ですよね。

こういった考え方を、素直に真似していきたいですね〜。
ちゃんと自分らしさを大切にして…自分の良さを伸ばしていく努力をすることなのかな。

英語的には、”so is a sunflower”…といった表現が使われていますね。慣れてないと、なんか変な順番じゃない?と感じますが。これは、「~もまた」って感じの意味です。

他にも、主語や時制などに合わせて“So am I.”(私も)とか、“so was he”(彼も)という風に使われることがありますよ。
ドラマなんかを観ていてもよく出てくる表現ですから、これが出て来たら、「~もまた」という意味か。と分かるようにしておきたいです。

そして、最後の締めは「蚊」にまつわる名言ですが、これが実はかなり良い名言です。

If you think you’re too small to have an impact, try going to bed with a mosquito.
― Anita Roddick(イギリスの女性実業家)

『何かに影響を与えるのに、自分の存在は小さすぎると思うのなら、蚊と一緒に寝てみなさい。

この名言の主、Anita Roddickさんは日本でも人気のコスメブランド、「ザ・ボディショップ」の創設者だったようです。(2007年に亡くなられています)

こういう考え方だからこそ、色んなことに成功されたんだ…と思わせてくれます。
自分の存在は小さすぎることなんて、無いと。自分の存在は小さいと思うのなら、蚊と一緒に寝てみろと。!

確かに…
だって…あんな小さい蚊が居るだけで…眠れなくなるんだから…。
小さな存在に思えても…どれだけの影響力があることか…。

文法的には、too to構文の「~すぎて~できない」が使われています。
成功者の方の前向きな姿勢を、見習って行きたいです。

「夏の風物詩」にまつわる英語の名言!みてみたら、結構勉強になりました!
素晴らしい夏になりますように!

 - 名言, 英会話, 英単語, 英語の勉強 体験記