薮から猫

英語勉強、生活、音楽などについて、薮から棒にまとめていきます。

ロフトベッドのおすすめは?良い所と悪い所のレビュー

      2019/02/06

スポンサードリンク

ロフトベッド(二段ベッド)に寝ています。

ソフトベッドの購入を考えている方。実際どうなんだ?と思いますよね。大きい買い物ですから、特に買う前に色々考えますよね。

ちなみに、ロフトベッドは子供さんが多い家庭にも良いと思いますが、子供さんだけのものじゃないですよ。

私は大人になってからの、ロフトベッド歴4年。現在もネットで購入したロフトベッドに寝ています。その経験から、良かった点/悪かった点を書き出して、最終的にロフトベッドを買おうか迷われている方に、どんなロフトベッドがおすすめか?を語っていきます。

まずは魅力を語ります

ロフトベッドって、ロマンの塊だと思いませんか?
単純に部屋が狭いからロフトベッドにしようか考えているとか、そんな利便性以上のものがロフトベッドには詰まっています。

ロフトベッド、いわゆる二段ベッドへの憧れは、子供の頃、強烈なものがありませんでしたか。(私の場合は、大人になってから、その憧れを見事叶えた形です)

子供の頃、「秘密基地作り」にはまった方は、大体、好きですよね。

だって、高い所で寝られるんですよ。すっごいわくわくしませんか。
まず何にも抗えないロフトベッドの魅力として、そこには「ロマン」が詰まっているということを声を大にしてお伝えしておきます。

現実的に、良かった点

さ。ロマンの話は置いておいて。
私も大人ですからね。さすがに「ロマン」だけでは、ロフトベッドを購入できません。

ロフトベッドにして良かった点を挙げて行きます。

  • ロマン(くどいけどやはり書かずに居られなかった)
  • 梯子を登るのが楽しい
  • スペースが有効活用できる(空間を縦に有効に使える)→例えば、狭い部屋の中。普通のベッド置いたらかなりスペースが限られてしまいます。でも、例えばロフトベッドの下に大きな机があるタイプのものを選べば、限られたスペースにベッドも机も置けて一石二鳥。大人も、部屋をかなり広く使うことができるし、机も置けるしでお勧めですよ。子供さんが多いご家庭でも、救世主的存在。(たぶん)
  • 見晴らしが良い→上から見た部屋の景色は絶景。殿様気分。秘密基地気分。1人だけの部屋。手元にライトなんかを付ければ、雰囲気も変わって最高。
  • 人に座られなくて済む→友達が部屋に遊びに来た時に、友達にベッドに座って欲しくない人って意外に居ると思いませんか。「外で着ていた服のまま座るな!そこは俺の聖域なんだ!!」みたいな。しかし、ロフトベッドだったら、ソファ代わりにベッドに座られるようなことありませんので、自分の聖域を守ることができます。潔癖の方には良いかも。
  • 天井が近いから、蚊を仕留めやすい→ずいぶん細かい話になりますが。ロフトベッドの種類、高さにもよりますが、単純に、普通のベッドよりも天井に近い所で寝ることになります。そして、天井が近いと、蚊に狙いを定めやすいんです。→これは、以前ここにも書きましたが、蚊が寝室に大量発生してめちゃくちゃ悩んだ時期があり、その時の経験から来ています。…天井が近いと、蚊をやっつけるのが、すごく楽なのです。これはロフトベッドならではの利点。(ただ、天井が近いということは悪い点にもなり得ますので、ここは後述。)

<スポンサードリンク>

現実的に、悪かった点

では…。
気に入っているロフトベッドをディスりたくありませんが、ここは公平に。
悪かった点も挙げて行きます。

  • 布団を干す(上げ下げ)のが面倒→もっとも、最近の布団はどんどん軽くなってきているので、そこまで大変に感じない方もいらっしゃるかもしれませんが。マットも薄くて軽いやつで寝れば、干す時もあんまり苦痛じゃないです。
  • 寝起きで降りる際、梯子から落ちそうになる→普通のベッドに寝るよりは、怪我のリスクがあります。まぁ…許容範囲内ですが。ちなみに、怪我のリスクを減らしたければ、「太幅」の梯子のついたロフトベッドを選ぶのをおすすめします。特に、木のやつだとやっぱり上り下りしやすいですね。私のベッドは、梯子の幅が非常に狭いので…ちょっと危なっかしいです。何度か踏み外して、下3段くらい「おぉぉー!」と絶叫しながら直立不動の状態で床まで滑り落ち、すっかり眠気が覚めたことがあります。(ああいう時って、凄い声が出るんですね。)
  • 時々頭をぶつける→ロフトベッドのタイプにもよりますが…私のは、ベッドの下に机があるタイプなので。机から立つ時、ベッドで時折頭を打ちます。でも慣れれば、全くぶつかりません。これは、慣れるまでの我慢。
  • 物が落ちる→これは結構切実な問題。寝ぼけてると、ベッドからスマホ、落とすんですよ…。ロフトベッドから、スマホを落としたあの日のことは忘れようがありません。恐ろしい大きい音がします。一気に目が覚めます。ただこれは、ロフトベッドの種類にもよるかも。ベッドの棚に穴?がないような、物が落ちにくい仕様のものを選ばれることをおすすめします。
  • 天井が近い→先ほど、天井が近いと蚊をやっつけやすい!という良い点を書きましたが。…これ、逆に言うと、他の虫類(天井を移動できる虫)が近くを通過する可能性があるということなんですよね。私も、寝室に過去一度だけ、あの黒い虫が出たことがあり、タイミングも悪かったのでしょうが、衝撃を受けてしまって、その後しばらく、ロフトベッドに上がるのが億劫になってしまいました。…これが嫌な場合は、高さが低めのロフトベッドもあるので、それを選ぶのが良いかも。
  • エアコンの位置に注意が必要→高さが変わるので、エアコンの近くだと風がモロに当たったりする。ロマンのことばかり考えていて浮かれていると、こういう当たり前のことが頭から抜けるので、注意です。
  • 組み立て式の場合、組み立て作業が必要。男手必須。

おすすめのロフトベッドは

あれ…。なんか、悪い所結構多いような…。おかしいな。

でも、ロフトベッドを選んだことを、全く後悔していません
(唯一虫の件では、後悔しかけたけど。)

今でも大好き。やっぱりなんといっても、楽しいのと、スペース的な余裕が出来るのが一番。高い所好きにはたまらないし。
狭い部屋にベッドも机も置けて良い。

「自分のスペース」感が半端ないので、2階に上がって、寝転がって、もふもふするのが至福です!

やっぱりロフトベッドを買おう!と思った方。

何を重視するかによって、おすすめロフトベッドも変わってきます。ですから、それぞれ何を重視するかによって、おすすめのロフトベッドを以下にまとめました。

値段の安さを重視するなら→
ネットで探す。ネットで探すと実物が見えないので不安な方、最近はニトリでもIKEAでも、結構安いものがありますね!

安全性を重視するなら→
はしごの板が太めでしっかり踏める幅のやつを探す(できれば木製)。特に子供さんのロフトベッドなら、やはりはしごは太めで、しっかりと踏める安全性の高いものが良いです。

後々のメンテナンスを考えるなら→
布団は軽めのやつを選ぶ(ロフトベッドと関係ありませんが…)

寝相が悪い/寝ぼけて動く方は→
物が落ちにくくなっているようなベッドを選ぶ。ベッドの棚に穴が空いておらず、物が落ちにくいものを選ぶ)

蚊を効率よくパチンしたいなら→
天井が近くなる高めのロフトベッドを選ぶ

虫類が天井を通過するかもって考えるの嫌
低めのロフトベッドを選ぶ

以上です。

ちなみに、私は何より値段が低いのを選びたくて、ロフトベッドをネットで購入したのですが、久々にネットで調べてみてびっくり仰天しました。私が買った時(数年前)は、同じ型のものでも、もっとずっと高かったです…。ロフトベッドも、大分安くなってきているんですね…。

それと、最後に!とても基本的なこととして、ロフトベッドが到着し、部屋に運び入れる際に、階段やドアが狭すぎてベッドが入らない!なんてことのないように、寸法をしっかり確認してから購入することが必須です。

私はロフトベッドが到着した時、部屋の入り口とその壁の角度から、寸法が思った以上にギリギリだったため、時間をかけて、宅急便の方が部屋に運んでくれました。ギリギリ入ったから良かったですが、もし入らなかったら、相当大変だったと思います…。(当たり前ですが)

ロフトベッド(2段ベッド)、もっと普及すれば良いのに。

今日も、高いところで秘密基地感を楽しみながら眠りにつきます。

 - 生活, 真面目に考えてみた