薮から猫

英語勉強、生活、音楽などについて、薮から棒にまとめていきます。

のんびりギターの音色が優しいおすすめ洋楽4選

   

スポンサードリンク

リラックスして、のんびりしたい時にぴったりな、ギターの音色が優しい洋楽を4曲まとめてみました。

シンプルなギターの音色でのんびり、海を眺めてぼーっとするなんて最高ですね。海を眺めるのはなかなかできないにしても、音楽を流すことで特別な時間を演出できますから、忙しい毎日の中で少し音楽を聞きながらぼーっとする時間を作ってみては。元気になります!

Bubbly

アメリカ、カルフォルニア出身の女性歌手Colbie Caillatの1曲。ギターの曲が優しい、2007年にリリースされた1曲です。(以前別の日に書いた「Lucky」と同じ、Colbie Caillat によって歌われています)

これも、とっても流行りましたね~。

この”Bubbly”について以前記事で読みましたが(ただ、どこで読んだのか覚えていないので申し訳ないのですが)、この曲はColbie Caillatが誰か特定の人を思い浮かべて書いた曲ではなく、「片思いをしている時に抱く感情。いつも笑顔にさせてくれて、ドキドキして、何をしても愛おしい感情」についての曲だそうです。

かわいいですね〜。何をしても愛おしい感情か。良いですね〜。

特に、この曲が生まれるインスピレーションの元となったのは、2006年の夏、Colbieが「最近恋してないな~」と気付いたことだったとか。

片思いをするのはいつも楽しいから、そんな気持ちが恋しくて、またそういう気持ちを抱きたいな、ということからヒントを得て、作詞家のJason Reevesと作った曲のようです。
(ちなみに、この二人はとてもフィーリングが合ったようで、”Realize”や”The Little Things”といった曲も一緒に作っています。 )

ちなみに、タイトルの「Bubbly」という単語は、歌詞の中に一度も出てきません。

最初、曲のタイトルは、”Wherever It Goes,”(どこにいても)だったそうですが、もう一度曲を最初から最後まで聴いて、曲のムードに合う言葉として、Colbie自身が”Bubbly”を選んだそうです。

少しくすぐったいような、優しくてほんわかした気持ちになれる1曲です。

<スポンサードリンク>

Banana Pancakes

アメリカ、ハワイ出身のシンガーソングライター、Jack Johnson の、2005年にリリースされた1曲です。のんびりしたアコースティックギターの音色が魅力の1曲ですよ。

Jack Johnsonは、この「Banana pancakes」だけじゃなくて、他の曲もとっても優しい雰囲気があります。「Good People」「Upside Down」なんかもキャッチーで良い曲ですよ。アコースティックギターの音色と優しい男声に耳を傾けながらぼーっとするのにおすすめです。

アコースティックギターの音色が好きな人にJack Johnsonはぴったりです。

I’m Yours

アメリカのシンガーソングライター、Jason Mrazによって2008年にリリースされた1曲です。明るくて軽快なテンポのこの曲、流行りましたね~。いろんなところでかかっていて、とても有名な曲なので知名度も高いですよね。

私も留学中に、友達としょっちゅう口ずさんでいました。そんな風に、なんとなく、みんなでのんびり歌えるのも魅力の曲です。

優しくてちょっと可愛らしい、軽快な雰囲気のある歌です。

Blackbird

これは、言わずもがな。1968年にリリースされたThe Beatlesの名曲です。

聴いているだけで、涙が出てきそうな優しい曲ですよ。これは…、色褪せない。
少し静かな気分でのんびり、しっとりと聞くのにぴったりな1曲です。綺麗な曲だなぁ。

Blackbirdは直訳すると「黒い鳥」ですね。解放されて、暗い夜空へ飛び立っていく…。そんな様子が思い浮かぶような…。切なくも温かい歌になっています。

(先日、念願かなってポールマッカートニーのコンサートへ初めて行けたのですが、この曲も歌ってくれました。生でBlackbirdを聴くことができて、もう大感激でした。最高に良かったです。あぁ…。)

おわりに

ギターの曲はまた、明るい気分になったり、優しい気分になったり、少しのんびりゆったりと聴けるのが魅力ですね!
頭を空っぽにしてのんびり聞きたいなぁ。

 - 音楽