薮から猫

英語勉強、生活、音楽などについて、薮から棒にまとめていきます。

夢を追って頑張っている人におすすめ!72年ヒット曲「カルフォルニアの青い空」の背景、エピソード

      2018/11/02

スポンサードリンク

「叶えたい夢があって、ずっと頑張って追っている!元気を出したい…」という時に聴くのに、ぴったりのエピソードを持った曲があります。

それがこちら、“It Never Rains In Southern California”
邦題は、「カリフォルニアの青い空」。

イギリスのシンガーソングライター、Albert Hammond(アルバート ハモンド)による、1972年のヒット曲。

なんだよそんな古い曲かよと思った方。まぁまぁ。質の良いヘッドフォンで聴いてみて下さい。古い曲だからというのは聴かない理由にはなりません。良い曲は時代に関係なく良いもんですから。
なんともいえない優しい音と、メロディ、ボーカルが魅力ですよ~。

この歌を歌っているアルバート ハモンドは、作詞家であるMike Hazlewoodと共に、この曲を作り上げたようです。

…ということで、夢を追っている人に是非聴いてほしい、この曲にまつわるエピソードについて語って行きます。(このエピソードを、アルバートさんがいつどこで話されたのかはイマイチ分かりません。ということで、正確かどうかは分かりませんが、ちょっとした軽いエピソード感覚で読んで頂けると幸いです)

売れる前の苦労の経験

時は遡り、アルバートが売れる前のお話。

アルバートは、世界を旅していました。

そして、困っていました。なぜ?

売れる前ですから、彼にはお金がなかったんですね。
あまりにもお金がない。でも生活していかなきゃ、食べなきゃならない。困った彼はどうしたか? (…私ならどうするかなぁ…)

…アルバートは、物乞いをして命をつなぎました。

時折、スペインの駅で物乞いをしていたんです。経済的に、相当切羽詰まっていた様子が伺えますね〜。
ただ、それだけの苦労をしてでも、歌手になる夢を置い続けていたという…。その姿勢が凄いです。見習いたい根性。

さてさて、駅で物乞いをしていたアルバート。そこへ…

「お、お前…!」(※想像です)

声をかけてきた一人の男性。

なんと、たまたま旅行でスペインを訪れていた従兄弟にばったり遭遇。

物乞いをしていた姿を、目撃されてしまいました。
あっちゃー。親戚に目撃されてしまった。これは痛い。

自分が物乞いをしている姿なんて、知り合いには、惨めで見られたくないに決まっています。

そして、その従兄弟というのが、なかなかはっきり言う方だったようで、アルバートにこんな風に言ったそうです。

“you should be ashamed.”

涙が出そうになるきつい言葉で、私が言われたら立ち直れなさそうです…。訳してみますと…。

「お前、恥を知れよ」

辛いですね。辛い。どんな確率の偶然でしょうか?スペインに居たら親戚と出会ってしまうなんて?それもどん底の時に?

さて、アルバートの物乞いを目撃し、きつい言葉を放った従兄弟。

この後、どういう行動に出たか?考えてみてください。

アルバートを殴った?
いやいや実は良い奴で、お金をくれた?

正解は…

アルバートが物乞いをしていたことを、故郷のアルバートの父親に話した。

まぁ、…話すでしょうねぇ。やっぱり、いとこが物乞いしていたら、心配ですもんね…。

息子が物乞いをしているなんて知ったら、父親は絶対に止めさせようとするし、…おかしくなってしまう!と考えたアルバートは、とにかく一番、父親に物乞いをしていたことを知られたくなかった。

「どうか父親には、僕がしてたことを伝えないでほしい」と必死に従兄弟を口止めしたようです。…が、それもむなしく…。

従兄弟は父親に話してしまったと。

一番バレたくない人にばらされてしまった。うーん、ドラマみたい。

…これを知られて、お父さんと、どうなったんでしょう。成功して、歌手として認めてもらえるまで、相当大変だったのではないでしょうか。
<スポンサードリンク>

この後、アルバートとお父さんとの関係はどうなったのか?

…残念ながら、細かいことは分かりません。が、分かっていることは、その後アルバートがヒット曲を生み出して成功した、歌手としての夢を叶えたこと。

この曲についての、アルバートご本人の言葉の一節を“Society of Rock”というサイトから引用させて頂きますと…。

“That struggle you go through, that’s It never rains in Southern California, the story of my life.”

『苦労をした経験、それが「カルフォルニアの青い空」さ。僕の人生のストーリーだよ。』

…若い頃、売れるまでに相当苦労をされたようですね。
そして、そういった若い頃の苦労の経験から、この曲は生まれたと。
諦めずに成功し、その苦労をバネにヒット曲を生み出したんだから…凄いです。夢を追い続けて努力した結果、成功したという話からは勇気を貰えますね〜。

家族に知らせず、物乞いをしてまで…、相当厳しい生活をしていた中、家族からの風当たりも強い…。
「もう夢を追うのはやめて、真面目に働け」なんて言われたのかな?…なんて、想像が膨らみますが…。

少し悲しい時とか、辛い時に聴くとすごく励まされますよ。皆、辛いことを経験されて頑張って、成功されているんだなって。
雨の降る季節にぴったりな、少し切ない歌詞とメロディに癒される1曲です。

最後に

歌詞の内容は載せられませんが、イメージとしては…

雨が降らない太陽の街、カルフォルニア。


だけどお嬢さん、知らなかったのかい。振るんだよ、雨は。

それも「どしゃ降りの雨がね」。

どしゃぶりの雨、これに色んな心情が表れています〜〜。

この時代の歌っていうのは、何となく比喩的な物言いというか、遠回しの歌詞だったり、優しい音だったり、そんなのが…魅力的!です。

故郷から出て来て、厳しい現実にぶち当たっている。
そんな心境とリンクするような歌詞の内容となっています。
雨っていうのは、色んな名曲で題材にされていますが…、色んなことを感じさせてくれますね。
歌詞も切なく、メロディや音も優しい感じで癒されます。

しっとり聴くのにも、おすすめな1曲です。今、頑張って夢を追っている方は、きっと励まされるはずです。

 - エピソード, 音楽