薮から猫

英語勉強、生活、音楽などについて、薮から棒にまとめていきます。

Halloween(ハロウィン)にまつわる、英語の名言や意見をまとめてみた!

   

スポンサードリンク

もうすぐ10月31日、ハロウィン!
ということで、ハロウィンにまつわる様々な名言(というか、意見?)をまとめてみました。それを通じて、英語に触れていきます!!

ハロウィン大好き派の名言と、ハロウィンに関する冷静なコメント(中立派)、さらにはハロウィンなんて好きじゃない、仮装なんて絶対するもんかという方にも役立つ表現をまとめてみました。

Halloween賛成派

まずは、ハロウィン超楽しくて大好き~という方々の名言から。

Halloween is one of my favorite days of the year. I have a strict rule: I don’t work on Halloween and I won’t travel on Halloween. Not for any reason. ― Simon Sinek(イギリスの作家)

訳:ハロウィンは1年の中で、最もお気に入りの行事だ。
僕は厳しいルールを設けている:ハロウィンの日には働かないことと、旅行に行かないこと。どんな理由があっても。

ビジネスやリーダーシップに関して多数の本を書いているサイモンさんの名言。

→ one of~=~の一つ
この表現の時は複数形になりますから、favorite daysとsがついています。
→ a strict rule=厳格なルール、厳しいルール

働かないっていいですね!真似したい。
旅行に行かずにがっつりハロウィンを楽しむってことでしょうか。気合いの入れ方が凄いです。

Halloween is an opportunity to be really creative.
― Judy Gold(アメリカのコメディアン)

訳:ハロウィーンは、創造的(クリエイティブ)になる良い機会だわ。

→ opportunity=機会
→ toのあとは大体(例外的な表現もありますが)動詞の原形がきます。ですから、形容詞creativeの前にしっかりとbe動詞の原形、beが置かれていますね。

クリエイティブという和製英語もかなり浸透していますから、そのまんまカタカナにして訳してしまっても意味は通じそうです。
スポンサードリンク

では、どんどん名言をみていきます〜。

Halloween is my favorite holiday, and I always go all-out with my costumes.
― Ginnifer Goodwin(アメリカの女優)

訳:ハロウィンは私のお気に入りの休日よ、コスチュームを着て徹底的に楽しむわ。

→ all-out=全面的な、徹底的な、強い意志で
こんな意味になるんですね~。あまり知らなかったので、しっかりと覚えておきたいです。この言葉の使用例としては、all-out attack=総攻撃、全面攻撃 など。

ハロウィンに対する気合いが伝わってきます~。

But I love Halloween, and I love that feeling: the cold air, the spooky dangers lurking around the corner.
― Evan Peters(アメリカの俳優)

訳:僕はハロウィーンが大好きだよ、あの空気感が好きなんだ。冷たい風に、間近に潜む気味の悪い危険な香り。

この名言はまさにハロウィンの雰囲気を語ってくれていますね。
ハロウィンにまつわる単語が覚えられます~。

→ spooky=気味の悪い、恐ろしい、ぞっとするような、幽霊のような
→ lurking=潜んでいる、秘められた、隠れた、おぼろげな

しょっちゅうハロウィンの際に使われる単語ですから、覚えておいて損はないですよ。
around the corner. も、直訳的に「角を曲がった所に」とも訳せますが、「すぐ近くに、間近に」といった意味合いもあります。

I refuse to dress ‘hot’ for Halloween, ‘cause I always have to have makeup and hair and look cute for my job. So on Halloween, I either go gory or weird or funny.
― Rachel Platten(アメリカのシンガーソングライター)

訳:私はハロウィーンに「可愛く」仮装するのは嫌よ。だって、毎日仕事のためにメイクも髪も可愛くしなきゃいけないんだから。だからハロウィーンの日には、血まみれになるか、変人になるか、面白くなるわ。

→ “hot”には、単に暑いという意味だけではなく、「カッコイイ/セクシーな」という意味合いもあります。素敵な異性を見た時に、He’s hot!とかっていう風によく使われます。

出た、ハロウィンの仮装問題。
確かに街中でも、真剣に血まみれになって仮装する人と、魔女とか猫のように可愛らしい仮装をする方の2パターンいますよね。

これ、仲間内では合わせておいた方が良い事柄です。
友達皆が可愛い魔女なのに、1人だけ血まみれで目が飛び出してると、仲間内で居心地が悪い思いをしてしまいますからね(経験談)。

Halloween反対派

では、「別に仮装なんてしないし、したことないし、これからもしないぜ」という方のために。
仮装しないの?と聴かれて、英語で何て答えたらいいんだ?という疑問を解消してくれるのがこちらの言葉です。

I don’t really dress up for Halloween.
― Katharine McPhee (アメリカの歌手)

訳:私は、ハロウィーンで特に仮装しません。

→ really が入ることで、「そんなに、あんまり~しない」というニュアンスになるので、「特に仮装しないかな」という感じで訳しています。

いやいや、こんな冷静な感じじゃなくて、ハロウィンなんて嫌いだぜ!と、ハロウィンに拒絶反応を示しているレベルの方はこちら。

I hate Halloween. I hate dressing up. I hate – I wear wigs, makeup, costumes every day. Halloween is like, my least favorite holiday.
― Amy Poehler(アメリカの女優)

訳:私はハロウィンが大嫌いで、仮装も大嫌い。
ウィッグを着けるのも、メイクアップも、衣装を着るのも毎日のことだから。ハロウィンは、私の一番嫌いな休日よ。

なるほど。女優さんからしたら、毎日仮装してるようなものなのかもしれませんね。

→ hate=大嫌い
強い言葉です。

→ least favorite =嫌いな、あまり好きでない
leastは、lessもしくはlittleの最上級。最も小さいとか、最も少ないといった意味ですよね。
とにかくハロウィンが苦手だ、嫌いだという方は参考にできる言葉です。

また、もっと知的にハロゥイーン不参加を表現したい方はこちら。

I don’t have anything against it (Halloween), but it’s not our tradition.
― Fernando Flores(チリの政治家)

訳:別にハロウィーンに対して反感を持っているわけではなく、ただ、それは僕らの伝統ではないというだけです。

→ I don’t have anything against itは、「何も嫌な点はない」とか、「反対はしていない」とか、そういった意味合いで使われます。
肯定文になると、i have something against Halloween.
ハロウィンに何か抵抗がある、何か嫌。何か納得がいかない。という意味合いになります。

Halloween 中立派

では中立派として、ハロウィンを冷静に分析している名言も見ておきます。

Halloween starts earlier and earlier, just like Christmas.
― Robert Englund(アメリカの俳優)

訳:ちょうどクリスマスのように、ハロウィーンも年々開始時期が早まっている。

これ、同じことを思っている方も多いのではないでしょうか?
確かに日本でハロウィンが盛り上がってきたのは割と最近のような気がしますし、どんどんハロウィンが盛り上がるようになってきたように感じます。小さい頃は特にハロウィーンなんて盛り上がってた覚えないです。31日の当日にちょこっと、「アメリカなどでは今日はハロウィンなのです」的なことを先生から聴くくらいで。…時代ですね。

→ earlier and earlier
「比較級 and 比較級」=ますます、だんだん… と、徐々に程度が増えたり減ったりすることを表す時の表現ですよね。

クリスマスのように、ハロウィーンの開始時期がどんどん早まっていると。確かに、10月ともなると街があっという間にハロウィーン一色になります。
やはりその方が、人の消費行動を盛り上げやすいんでしょうかね。

さて、最後はとても幸せな2つの名言をどうぞ。

I’m not a real Halloween kind of guy, because Halloween is every day.
― Al Jourgensen(キューバ、アメリカの音楽家)

訳:僕はハロウィーンを楽しむタイプの男ではないよ、だって毎日がハロウィンだからね。

Every day is like Halloween or Christmas eve for me. I go to bed, and I’m so excited to get back to work. I’m very lucky that I have a career like that ‘cause not many people do.
― Adam Green(アメリカのシンガーソングライター)

訳:僕にとっては、毎日がハロウィンや、クリスマスイブだ。
毎日眠りについた後、仕事に戻るのが楽しみなんだ。僕はこんな風に思える仕事に付けてとてもラッキーだよ、あまり多くの人がこうは思っていないからね。

毎日がハロウィンみたいに楽しいから、別に特別な日じゃないんだよ!って。な、なんて素敵なんでしょうか…。
こんな言葉を言えたら素敵です。

最後に

毎日をハロウィンのように楽しめるといいですね。

英語の勉強としては、行事に関連して、色んな単語や表現を覚えていけるといいなと思います〜。

ハロウィンは苦手だという人も、大好きだという人も楽しめますように。
Happy Halloween!

着てみたいコスチューム発見です。これ着たいな〜。カオナシに仮装してみたい〜。

 - 名言, 英会話, 英単語