薮から猫

英語勉強、生活、音楽などについて、薮から棒にまとめていきます。

A lot ofとlots ofの違いは?「沢山の」という英語表現

      2019/02/22

スポンサードリンク

英語で、「沢山の」と言いたい時。言い方にも、実は結構いろんなものがありますよね〜。「a lot of」と「lots of」もその代表格ですが、その違いってなんでしょうか。

その本題に入る前に、少し他にも「沢山の」という意味を持つ単語について見ておきますと…

まず代表的なのは、many と muchですよね。
そしてこれ、数えられる(=複数形Sがつけられる)ものにはmany,数えられないもの(=waterとか)にはmuchを使うというルールがあります。

…これを最初教わった時は、何じゃそれって思いましたよね。
生粋の日本人としては。数えられるものも、数えられないものも、一緒で良いじゃないですか!と。

日本語では、沢山いるからといって、「ねずみ」が「ねずも」になったりしないし…。
だから、数えられるも何も…。そんなことを考えたことすらなかったわけで。

ちなみに…
Stuff(=物)」という単語がありますが、複数になってもSがつかない、数えられない名詞です。(不可算名詞)
=だから、muchを使うのが正しい。

不可算名詞も、ややこしいですよねぇ。

一度私は、これを間違って「Stuffs」と言ってたら、アメリカ人に、大笑いされたことありまして。笑
you don’t say that~!(そんな風に言わないよ〜!)みたいな。

いやいやいや、間違えただけやん。
アメリカ人、あまりにも大きい声でゲラゲラ笑い続けるので、ちょっとイラッとしましたが。笑

そこで、ネイティブ、もしくはペラペラの皆さんに言いたいのはですね。

この辺りの、Sがつくとかつかないとかの概念って、分かり辛いんですよ。
生粋の日本人としては。(二度目)
だって、日本語では、沢山いるからといって「ねずみ」が「ねずも」になったりしないし…。(二度目)

スポンサードリンク

a lot ofとlots ofの違いって?

…何を話しているのかわからなくなってきましたので、長くなりましたが、本題に入ります。

many, muchの他には「a lot of」があります。
「lots of」と表現されることもあり、これは二つとも同じ意味です。

よく「この違いは何?」という論争が繰り広げられることもある表現で、私もずっと疑問に思っていましたので、留学した際、ホストマザー(もちろんネイティブ)に、質問してみました。

ちなみに、このホストマザー。

私が来て早々に

「私、英語の雑誌とか校正してたことあるのよ!
ネイティブの英語を直してたのよ!ネイティブでも最近間違った文法で文章を書く人が結構いて~…(5分程話してたので略)
…だからね、私英語、ものすごく得意なの。
ESL(※English as a second language)とかEnglishの授業で、分からないことあったら、何でも聴いてきてね!!!」

と、super自信満々で言ってきてくれたので、何かここまで言われたら、聴かない方が逆に申し訳ないな…と思うくらいでした。

そこでなんか質問ないか…?と一生懸命考えて、はっ。これはすごく良いチャンスだ!と思い、質問してみました。

『「a lot of」と「lots of」の違いは??』

そしたら、さっきまで自信満々だったマザー、ぴたっと固まってしまいました。

そして彼女、「lots of … a lot of…」と、もんのすごい早さで何度も小声でブツブツつぶやいた後、最終的にこちらをみて

”I DON’T KNOW!”ー「わかんない!」

と、最高の笑顔で言いました。

「え〜なんだろうね。ちょっとわかんないわ。何が違うんだろうね。てへへ」みたいな。

外人の人の明るさというか、こういうとこ、可愛いですよね。

…ということで、ネイティブの人でもこんな感じの表現ってあるようです。
だから、

結論:基本的にa lot ofでもlots ofでも、どちらでも一緒みたい。

もしかしたら、厳密にはあるのかもしれませんが…。もし気になる方は、いろんなネイティブの方に聞いてみてください!

ただ、会話の時には、あまり神経質になる必要がないということは言えますよ。あまり細かいことを気にせず、どんどん会話してみてくださいね〜。



「たくさん」を表す表現は結構多い

他にも、「沢山」とか、「たっぷりある」様子を表現する言葉として

Plenty

we still have plenty of time left.
= 時間はまだたっぷりあるよ。

heaps of
loads of
tons of… などなど。

たくさんあります。
今挙げたものは、全部会話のなかで使われているのを聴いたことがある表現です!

あとに続く名刺や、状況によっても使われる場面が違うと思いますが…そのあたりがね。難しい。

これをややこしいと考えることもできますが…
なんか色々あって、面白いです。
正解不正解とか別になくて、解が沢山あるのが、語学の面白さだなぁ。

ということで!頑張りましょ〜。

 - 文法, 留学, 英語の勉強 体験記