薮から猫

英語勉強、生活、音楽などについて、薮から棒にまとめていきます。

TOTOのヒット曲Africaの魅力を語る

      2019/02/21

スポンサードリンク

“Africa”(アフリカ)
1982年にリリースされた、アメリカ出身のバンド“TOTO”による1曲です。

この曲はバンドの主要メンバーであるDavid Paich(デヴィット ペイチ)が、TVでアフリカのドキュメンタリーを観たことから、インスピレーションを得て作られたものだそうです。
ということで、タイトルは”Africa”ですが、この曲作成当時、デヴィットは一度もアフリカを訪れたことがなかったとか。

それでこの曲を作り上げるなんて、凄いなぁ~。

そして、この歌を歌う”TOTO”は、実は過去在籍していたメンバーを含めて、各々がとっても有能な作詞家、プロデューサーでもあり、数々の有名アーティストの楽曲に参加してきたスタジオミュージシャンでもあるそうです。

プロ中のプロのミュージシャン集団ですね。カッコイイな。

例えば、主要メンバーであるDavid Paichは何度もグラミー賞を受賞しているプロデューサーでもありますし、スタジオ(セッション)ミュージシャンとしても、Elton JohnやSteely DanやRay Charlesや…挙げればきりがないほど、沢山の大物アーティストの曲に参加しています。

また、同じく主要メンバーのSteve PorcaroはMichael Jacksonの有名曲“Human Nature”の作曲や編曲を担当しました。
さらに、伝説のアルバム“Thriller”の制作や、Paul McCartneyとMichael Jacksonのヒット曲”The Girl is Mine”のリコーディングにも、TOTOから4人のメンバーが参加している…などなど。
実績を挙げればきりがなさそうです。

スポンサードリンク

そんな才能溢れるメンバーの中で、今回はこの”Africa”を書き、成功したプロデューサーでもあるDavid Paich(デヴィット ペイチ)に焦点をあててみました。

いや~、興味ありますよね。

どうしてこれだけ成功できたのか?
彼のプロデューサーとしての”philosophy”(哲学)は、どんなものなのか?

2015年のインタビューに、この答えがありました。
一節を引用すると…

that a producer’s job was to make sure the artist wasn’t aware of one thing: a budget.

『プロデューサーの仕事は、アーティストに予算を気にさせないことだ。』

予算だけでなく、時間やスケジュール等といったものをアーティストに一切気にさせないようにすることで、アーティストが自由に制作に打ち込み、素晴らしい曲を作り上げることができるんだと。
そういった環境をアーティストに提供すること。それが、彼のプロデューサーとしての哲学の一つのようです。
カッコイイな~。

プロデューサーでなくても、姿勢を見習いたいなぁ。

そんなDavid Paichを始めとした、有能なミュージシャン集団である”TOTO”が作り出す音は、やはり素敵なものばかりです!

TOTOは解散が発表されたこともありましたが、最近では2015年にも、”Toto XIV”という新しいアルバムをリリースするなど、精力的に活動を続けられているそうです。
世代を超えて活躍し続けているバンドですね!

 - エピソード, 名言