薮から猫

英語勉強、生活、音楽などについて、薮から棒にまとめていきます。

バスケの神様、マイケル・ジョーダン(Michael Jordan)の力強い名言

      2018/10/23

スポンサードリンク

たまたま見つけて、良いなぁ〜すごいなぁ〜と思って心を動かされた言葉が、マイケル ジョーダンのものでした。

マイケル・ジョーダン(Michael Jordan)は、アメリカの元バスケットボール選手で、バスケットボールの神様とも呼ばれる人物。

最多得点11回、MVP、殿堂入り…数々の記録を打ち立てた伝説の人物。
あまりバスケに詳しくないですが、名前は誰でも知っているほどの、超有名人ですよね。

Youtubeでみても、すごいプレーが沢山でホントに魅了されます。

マイケルジョーダンの、素晴らしい名言は沢山あります。
というのも、やはり、バスケの神様と言われるだけあって、メンタルもすんごいポジティブなんです。
人生において励まされるものばかりですし、その姿勢を見習いたいと思って、彼の名言をまとめてみました。スポーツをされている方も励まされるのではないでしょうか。

まずは、そんな「バスケの神様」はどうやって作られたのか?というのがよくわかる名言です。

「ヒーロー」は両親

My father used to say that it’s never too late to do anything you wanted to do.
And he said, ‘You never know what you can accomplish until you try.’

『僕の父は、いつもこう言っていた。自分がしたいことをするのに、遅すぎるなんてことはない、と。
そして彼はこうも言っていた。「何を達成できるかなんて、挑戦しなければ分からないよ」』

→ My father used to say…
used to ~:「(昔)~したものだった」「よく~したものだ」過去の習慣、を表す文章。

My heroes are and were my parents. I can’t see having anyone else as my heroes.

『僕にとってのヒーローは、今も昔も両親だ。他には誰もいない。』

→ ”are and were”ということで、今も、昔も、そうであるということを表しています。

→ ここでのasは、「〜として」という意味。

ご両親のことを本当に尊敬していて、そのご両親を見習って素直に行動をされてきたのが、とても大きいようですね。ここまで尊敬されるご両親も、すごいです〜。

そして、次のキーワードはこちら。

「失敗」と「挑戦」

つい「失敗」を恐れてしまう。そして、「挑戦」する前から諦めてしまう。
そんなことって、つい、やってしまいがちですが…。マイケルが「失敗」と「挑戦」に言及している名言をご紹介します。

I can accept failure, everyone fails at something.
But I can’t accept not trying.

失敗をすることは受け入れられるが、挑戦をしないことは、受け入れられない。』
(直訳:失敗は受け入れられる。誰でも失敗はするものだから。
だけど、挑戦しないでいることは、受け入れられない。)

挑戦をし続ける。この姿勢が、「神様」とまで言われるようになった成功の秘訣なんですね!

そして…

I’ve never been afraid to fail.

『僕は、失敗を恐れたことはない。』

かっこいいいいい!失敗を恐れたことがないって。言ってみたいです〜!!失敗が怖くなってしまった時は、この言葉を思い出していきます!

さらにさらに…

スポンサードリンク

I’ve failed over and over and over again in my life and that is why I succeed.

『僕は、人生で何度も何度も失敗をした。だから僕は、成功したんだ。』

→ over and over again=何度も何度も

→ that is why は理由を説明するときに使われる表現です。
「それが~の理由である」という感じ。

成功という栄光の陰には、本当に沢山の失敗と努力があったことが伺えます。

逆に言えば、まだ成功してないってことは、まだ失敗が足りないってこととも言えそうですね!

Sometimes, things may not go your way, but the effort should be there every single night.

『時には、思うようにいかないこともあるかもしれないが、それでも常に、努力をするべきだ。』

→ effort = 努力
every single night=毎晩毎晩

時には思うようにうまくいかず、失敗してしまうこともあります。

でも、そんな時にも…「努力!」毎晩毎晩、常に…かぁ。すごい!

失敗を恐れず、挑戦していく。失敗しても、努力を怠らない。よく言われることのようにも聞こえますが、バスケの神様の言葉ですからね、重みが全然違いますよね。

最後に

では、マイケルのことをさらに感じることができる、3つの名言をまとめておきます。

Always turn a negative situation into a positive situation.

常に、ネガティブな状況をポジティブな状況に転換すること。』

これもすごいですね。これができることで、逆境に強くなってしまいますね。逆境こそ楽しんでしまう。何度も言いますが、さすがバスケの神様です。すごい。

お次は、こちら。↓

Never say never, because limits, like fears, are often just an illusion.

無理だなんて、絶対に言うな。限界は恐怖と同じで、大抵、幻想にしか過ぎない。』

→ Never say never
誰かを励ます時なんかにも使われる表現、出来ないなんて言うな!
諦めるな!という感じの、ポジティブな意味です。

幻想ですよ!恐怖も限界も!勇気が湧いてきます〜!

だけど、頑張りすぎてちょっと肩に力が入っちゃいそうかも…と思う方もいるかもしれませんので、最後はこちらの名言をどうぞ↓

Just play. Have fun. Enjoy the game.

『ただ、プレーするんだ。楽しんで。ゲームを楽しもう。』

人生にも置き換えられる名言で、成功者は必ず「楽しむことだ」と言いますね。
楽しむ心を常に忘れずに。楽しんでいると、体ものびのび動きますもんね!!

以上。

バスケの神様のことを改めて尊敬し直しました。見習いたいです。

何かくじけそうになってるときは、思い出して頑張りたいと思います。

 - 名言, 英会話, 英単語