薮から猫

英語勉強、生活、音楽などについて、薮から棒にまとめていきます。

英語脳って何?英語脳の作り方、役に立ったこと

      2019/02/21

スポンサードリンク

英語脳。英語を勉強している人なら、手っ取り早く作りたいですよね〜。そもそも、英語脳って何?というところから、英語脳を手っ取り早く作るにはどうしたら良いか?留学体験を踏まえて、まとめていきます。

そもそも英語脳とは

私が「英語脳」と出会ったのは、高校時代です。英語の話せる先輩(とゆうか半分外人)に、英語を教えてもらっていました。

そこで私が毎回聴いていたのが、「どんな意味ですか?」「これ日本語にするとどういうことですか?」という質問でした。

だけど、私がその質問を頻繁にするからか、ある日その先輩から、「あのね。英語は訳さない方が良いよ」と言われました。

しばらく、全くその言葉の意味が分からなくて、沈黙。
頭の中では、いやいやいやいや。私はもうずっと日本語で生きてきてるんで。訳さないと分からないじゃないっすか。どうやって理解しろと?!
という言葉が、ぐるぐる回っていました。

そうしたらその私の疑問を察知してくれたのか、すかさず先輩が、「日本語じゃなくて、英語で理解するようにした方が良いんだよ。スピードも全然違うよ」と言ってくれました。「いちいち日本語で訳してたら、ついていけないでしょ

まぁ…確かに私は理解が遅いですが…。でも、英語で、そのまま理解する?
意味が分からないですよね。

無茶言わないで!私100%日本人なんで、訳さないと無理です!と、そのときは逆ギレしそうなくらい言われている意味が分かりませんでしたが、これは、その通りだったことが後々、分かりました。

皆、英語を話せるようになってくると、日本語で訳して理解してない!!

英語を英語のまま、日本語に転換せずに理解するんです。
じゃないと会話のスピードについてけないですから。

こ…!これが巷で言われている英語脳ってやつか!!と衝撃を受けました。

スポンサードリンク

英語脳を作るには?

でも、日本語で理解しているし、そんなのできそうもない…といって落ち込む必要はありません。というか、最初は誰だって日本語で理解するのが当たり前ですよね。だけど、もし英語を上達させたいなら、徐々に英語脳を作っていければ良いというだけの話です。英語脳がある程度できてくると、会話を楽しんでいけるレベルになっていくのではないでしょうか。

そして、その「英語脳」をできるだけ早く作るためには、文章の読み書きではなくて、「リズムのあることをする」のが効果的だと、体験を通じて感じました。

というのも、文章を読む/書くは自分の脳内で転換して、時間を好きなだけかけてしまいますから…。それじゃあやっぱり、頭の中で日本語に直してから理解しようとする癖が抜けません。

ただ、ただ!それでも、勉強は絶対に役には立ちます。

例えば、ある程度英語を勉強されている方だったら、「How old are you?」を聞いたら、別に心の中で「何歳ですか?」と日本語に訳さなくても「How old are you?」のままで意味を理解されているんじゃないでしょうか。慣れた文章であれば、英文のままで知らず知らず意味を理解していますよね。…徐々に英語脳ができてきてるんですよね!

だからまずは、しっかりと基本的な文法を覚えておく。writingも頑張る。そしてそういう基礎もある程度しっかりさせつつ、リズムの大切な、リスニング、スピーキング系のこと…ネイティブの人と会話したり、洋楽を聴いたり、海外のドラマを字幕でみたり。いわゆる「学校の勉強」で、あまりやらされないことも、自主的にやっていく。

そうしたら個人的には、あれっ?いつの間にか、なんかスピード上がってない?あれ、なんか日本語に訳してないかも?って感じで、英語脳が知らず知らず、時間をかけてできあがっていきましたよ。

そしてこのためには、少しでも英語に触れることができる環境に身を置くことが大切かもしれませんが、これは周りに外人の友達がいなくても、今は海外ドラマとか、映画とか、なんでもネット上で手軽に観られますから、ある程度はクリアできますよね。
英語を沢山聞いて、話して、その英語のリズムの中で、自然と英語に脳が馴染んでいく。結果、英語力がのびた、英語脳を作るのに役立った、と個人的には思っています。

そしてこれは、大切な『スピード』にもつながっていきますから、TOEIC的なテストで何点以上取らないといけない…という方にも役に立つと思います。早く問題を読んで、早く答えられるようになる。

最初はもちろん、訳さないと意味がわからないのでそれどころではないですが、そこから脱するためにも、楽しみつつ!慣れていけると良いですよね。

「字幕が邪魔」と言ってみたい

しかし、感覚の違いというのは面白いものです。

先ほどの半分外人の先輩は、英語の日本語字幕をみて、「なぁ、あの、下に書いてある日本語。
あれ、邪魔じゃない?いらないよなぁ」
と真顔で言っていたことがあり、衝撃でした。

いやいやいや。
冗談じゃないですよと。さっきの「訳さない方が良い」発言よりも、訳がわかりませんでした。こちらは字幕ないと、何にも分からんのですよ。画面と俳優さんの顔で、全部判断するしかなくなりますよ。

…でも確かに、日本語の映画で日本語の字幕があったら邪魔に感じる時はあるかもしれないな。英語が流暢すぎると、こういう感覚になれるってことかな。

凄いな!!と尊敬しました。

ただですね、自信を失う必要はありません!どこにも完璧な人間はいませんから。その先輩は、漢字がすごく苦手でした。これって、「英語が流暢な日本人あるある」だと思いますが、漢字に弱い人が多いです。

漢字って難しいみたいですよ。これこそ、意識しなくても日本人は当たり前に書けますが(簡単なものなら…)慣れていない人にとって漢字は本当〜に難しいみたい。外人で、日本語を勉強していた子がいたのですが、その子は漢字が入ってきた途端、無理!!と言って勉強をやめてしまっていました。カタカナとひらがなまでは覚えたそうですが、漢字が難しすぎて、諦めてしまったそうです。泣

ということで!そういう漢字の壁にぶちあたらなくても良い日本語のネイティブって恵まれてる!素晴らしい!…と改めて思えますよね。

がっつり日本語をマスターしている!という強みのもとで、英語も強みとして磨いていけると良いですね!頑張ろう。

 - 留学, 英会話